現代人に影を落とす「新型うつ病」

みなさんはこれまで、うつ病に悩まされたことはありますでしょうか。

最近では、うつ病の患者が、多く出てきているといわれています。
(※知っておこう!うつ病
http://copywrongs.org/

というのもほかの人が言ったことに対して、普通の人以上に過敏になってしまったり、また、普通の人以上に切れてしまったりなんてことがおおく見られます。

本来のうつ病というと、1日を通して全体的になるものでしたが、最近では新型うつ病というものが多く見られます。

この新型うつ病というのは、いったいなんなのでしょうか。

この、新型うつ病というものは、都市部を中心に広がりをみせている現代病の一つだといわれています。

うつ病は、日本で約8人に1人がかかっているといわれています。

うつ病とは、自分を責めたり食欲が減少したりと、いった症状が朝方に起こることが多いです。

しかし、この新型うつ病というのは一般的に朝に出やすいうつ病とは違い、夕方に症状が現れ出すということが多いといわれています。

また、普通のうつ病とは違い、過食であったり、過眠がみられます。

また自責的な普通のうつ病とは違い、この新型うつ病というのは他責的であります。

また、自分がやりたくないことの時だけ、うつ病の症状が出るために、うつ病として診断されずに、うつ病ではない人から見るとただのわがままな人としてうつってしまうことも多くあります。

また、時折かなり行動的になりすぎることもあるため、躁うつ病も一緒にかかっているとも言われています。